スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

以前チラっと言ったヘラのオス幼虫

以前ちらっと話題に出したヘラオスの幼虫のマットを変えたので写真撮りました!

2頭とも蛹室を作っていた(ごくごく初期で蛹室かな~くらいなので大丈夫?です(笑))ので、半分だけ新しくして残りは糞だけ除いて少し加水してそのまま入れ直しました。

DSC_0451.jpg
いくら幼虫期間17か月目とはいえこれは期待できないですね~…。


DSC_0456.jpg
そしてこれです。
そうですこれです。
これは期待してます。

が、頭幅が17.0mmなので凄いブサイク個体が誕生する可能性も。
というかそうなんだろうなぁと思ってます(笑)


なお、この2頭のどちらかを使って羽化ズレ対策をする予定です。
メスがいないので11月のkuwataはいかないとなぁ。

ヘラクレスのペアリング敢行

ヘラヘラのペアリングを敢行しました。
1週間ほどかけて3頭と交尾していただきました。
また、メスの選定に協力してくださった皆さんありがとうございますm(__)m
これと、
DSC_0392.jpg
これと、
DSC_0410.jpg
このメスに決定しました。
DSC_0388.jpg
上から、一番重いメス(A2)・一番上翅が綺麗なメス(A5)・インブリ用メス(+片方発色個体)(B1)です。
カッコ内の数字は元記事ヘラメス杯の番号です。
自分が考えていたのとほぼ同じ回答を得られたので安心です(笑)

まず1頭目(アウトブリード)
DSC_0458.jpg
メスの上に置くと…

DSC_0459.jpg
あっさりと成功。
本当にすんなりいきました。
DSC_0463.jpg
時々、態勢が変わって1時間ほど繋がってました。


次に2頭目(アウトブリード)
こちらも割とすんなりいきました。
DSC_0470.jpg

DSC_0473.jpg

こちらはずーっと同じ態勢のままでした。
約30分で離れました。

最後に3頭目(インブリ)
DSC_0476.jpg
このメスは大変で何日もかかりました。
ペアリングだけで1週間もかかった理由は主にここにあります。
とはいえ一応は成功。
約20分なので微妙に心配ですが許容範囲内の長さかなと。

その後数日間ゼリーを食べてもらってセットへ。
DSC_0487.jpg
大ケースにマットガチガチの普通のセットです。
ただ、ニジイロでもガチガチと書きましたが言うほどガチガチではないです。
手でギュッと押す→マット投入→押す→投入 
の繰り返しで最後は潜りやすいように投入したところで終了です。
ギューギュー何度も押しません。

もっとも、私はセットを作って2,3日置いてから使うことにしているので多少自重でガチガチに近づいてるとは思いますが。
2,3日置いておくのは個人的にオススメです(いや、普通か?)。
なんとなくセットが安定する感じがします。
上手くは言えません(笑)

2,3日置く場合はペアリングしている間に作ってしまうと時期的にもいいですし、手を洗う回数も節約できます(笑)

そういえば頭幅18.0のオスも羽化してたんだった

タイトルの通り頭幅18.0mmのオスも羽化してました。
だいぶ前なのでもうすっかり発色しています。

DSC_0482.jpg

144mm位です。
細かくは分からないです。
なんせ、これなんで(苦笑)
DSC_0480.jpg

気づいたら羽化してたので絆創膏で応急処置等もできませんでした。
また、羽パカ以外にも
DSC_0481.jpg
胸角に線がついてしまっています。

なお、蛹の時に書いたのですがやはり胸角突起がズレています。

DSC_0485.jpg
ひっくり返して撮ろうとしたら暴れてしまってブレるので上から↓
DSC_0483.jpg

真上から撮っています。
珍しい事なら先日のメスとのブリードも吝かではないのですがそんなこともないですよね?

2か月遅れ組のヘラメス

寒い場所で羽化までを遅らせた2匹のメスが後食を開始していました。
2か月ほど他のメスたちに遅れての羽化と後食になります。

ただ、2か月しか変わらなかったのでブリードには使わない予定ですよ、と。
まぁ、発送に自信もないのでヤフオクとかはやってないんですがゼリーの消費もバカにならないし考えなければいけない時期に来ているのかもしれません。
出品と発送の代理業者とか個人とかいないんですかね(笑)

DSC_0489.jpg

それでメスをわざわざ載せた理由なんですが、この上翅すごく良いと思いませんか?
個人的にこういう上翅ってミスケさんが大好きなんじゃないかと思います(笑)

違ったらスイマセンと予防線を張っておきます(笑)

発色している所の黒い部分がほとんどなく、実物は写真より綺麗な色の対比(発色している部分とそれ以外)をしています=写真写り悪いですこれでも。

上でブリードはしないと書きながらも、わざわざアップしてしまうくらいにはぐらついています(笑)


実はもう1頭も同じような感じの上翅をしています。
長い時間をかけたメスは良い発色をしやすいんじゃないかとまで思ってしまう(笑)

ヘラ幼虫の残り

羽化したオスたちと同時期に孵化した幼虫がまだ2頭います。
さすがに蛹になってるだろうと思ったらまだ幼虫やってました。

前回のメタリと同時にやったので写真が…m(__)m

で、体重も計りました。
その結果、

118gと130gでした。

130g!
我が家では今までで一番重い!
ただ、126g早期で149mmということを考えるとあまり期待はできない!…か?(笑)
某有名血統のように140~160gくらいいかないとだめか?

ただ、残念なことに130gのやつは頭幅が17.0mmなんですよね…。
その代わりに顔の周りに肉がついて埋もれかかってましたが(笑)

頭幅を超越するサイズでないかなぁ、でないんだろうなぁ(笑)
プロフィール

まつり(祭)

Author:まつり(祭)
飼育歴約9年。でも万年素人(自称)です。たとえ1年更新がなくても続いてます(笑)。
備忘録として役立ててます。
引退するときは削除予定。

また、失敗を優先的に載せています。

それから、パプキン、タラなどの光物が大好きです。
気軽にコメント下さい、というかぜひコメント下さい(笑)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。