スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うわ…

菌糸ビン注文をするにあたってどうなってるか見てみたんですが、
2頭とも死んでいました。食痕の先で死んでいたので食べてはいたんですが…

ショックです。
ローゼンは一旦終了とします。
理由はババとそんなに変わらなかったとか色々です(笑)

いずれまた開始するかもですが、その時はモセリの可能性が(笑)
スポンサーサイト

ローゼンの割り出し

ローゼンの割り出しを行いました。
セットは例によってあのボトルです。
DSC_0315[1]

写真では見えてないですが、キチンと穿孔しております。

さっそくテープを剥がしてカパッっと外します。
何度経験してもこれは楽でイイ!

そして穿孔した部分のオガをよけていくと、

1幼虫発見。
幸先いいな、と思いながらさらに進めていくと。

DSC_0319[1]
落ちてたのか。出てこないし途中からボトルにも何の変化もないからもしかしたらと思ってはいたけども。
カビやらなんやらに巻かれて見るも無残な姿に。

お疲れ様でした。

で、結果

DSC_0317[1]

2幼虫でした。

うーん。産んでるといえば産んでた。
ただ、2幼虫ってことはペアになる確率が…。

とはいえ起きてしまったことは仕方ない。取れただけよしとしよう。
あとのことは無事に羽化してから考える!

順調のようです

いやあー、予約投稿って便利ですね(笑)

ローゼンなんですが、現地飼育品という厄介な子なんですよね。
現地飼育品とはローゼンの産地の人が羽化させた個体たちのことで、幼虫で採集して人間の管理下で羽化させるとか現地の人たちが私たちと同じように飼育して累代しているとか、詳しくは調べてないので(笑)分かりませんが、

どちらにせよ現地で羽化してきた個体を日本に送っているので、まず交尾はしていない上に羽化日も正確には分からないという

飼育者泣かせ

の子たちになるわけです。

そんな訳で後食の有無や飛ぶか、おしっこをするか、などで判断しているのですが我が家に来たときからゼリーはガンガン食べていたし、おしっこも飛ばしていた。
飛ぶところは確認していませんが、まぁうちに来て1か月くらい経つしゼリー交換の時に凄いスピードで動くし

大丈夫だろ!(笑)

と思って雌雄同居させました。
で、次の日確認すると
DSC_0194[1]
こんな感じでメイトガードしていました(あれ、ローゼンってメイトガードするよね?)


とりあえずこのまま1週間くらい同居させます。
雌殺しがないので安心(^^)

今いる個体たち

とりあえず今いる個体たちの紹介をしておこうと思います。
DSC_0161.jpg
西ジャワ・ハリムン産WD 56mm オス

DSC_0162.jpg
同じく 52mm オス

DSC_0168.jpg
同じく 40mm メス

もう一頭メスがいるはずだったのですが、死着しました。
残念ですが仕方ないですね…。
現地累代品ですが全て後食済みなので今月末あたりにペアリングする予定です。
プロフィール

まつり(祭)

Author:まつり(祭)
飼育歴約9年。でも万年素人(自称)です。たとえ1年更新がなくても続いてます(笑)。
備忘録として役立ててます。
引退するときは削除予定。

また、失敗を優先的に載せています。

それから、パプキン、タラなどの光物が大好きです。
気軽にコメント下さい、というかぜひコメント下さい(笑)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。