とりあえず羽化したメスを

とりあえず羽化してきたメスを載せます~。

これです。
DSC_0442.jpg

普通!
いやまぁメスなんでそんなに変化あったら困りますけどね(笑)

とはいえ累代は無理そうです。
なんせ、ほぼ全部前蛹で落ちてたから…
生き残りはまだ幼虫ですし…

さらに!
蛹室の大きさ的に16頭中の11頭はメスっぽい(体にぴったりサイズでしたよ)。
2頭は跡形も無く、3頭はまだ幼虫をやっている。

そう、異常なメス率。
しかし我が家では平常運転(笑)
生物学的にありえるのか?
もしかしたらちっさいオスが混ざってる?

それとじつはこれ、全部多く採れた方(16頭のほう)の幼虫なんですよね。
もう1メス、3頭しか採れなかったほうなんですがこちらは3頭とも元気なんです。
あれ、これ遺伝子に問題あったんじゃないか?

イマイチ分からないなぁ…
分かる人います?
スポンサーサイト

メタリのオスも…

オスの蛹に色が付き中が透けて見えるようになって、今か今かと羽化を待っていたら…


そのまま落ちました…。

もうね、訳が分からんですよ。
メスの時にも言った通り理由が見当たりません。
とはいえWD持ち腹で妙な血筋が完成しているとも思えないし…

誰か思い当たる節がある人がいればご連絡下さい!
粗品…は進呈できませんが(笑)

あ、でもメスは無事に羽化したようです。
ちらっと姿が見えました!
あと、次回あたりから写真が復活する予定です。

メタリの生存確認

とりあえずメタリの生存確認をしてみました。
ギラファもやろうと思ったんですが、タコ飼いのケースをひっくり返して個別飼育に移行するモチべが保てずに断念(マットもないし(笑))

その理由がこれ。


残念写真撮り忘れた(久々だったから(汗))

仕方ない箇条書き風に一気に行こう。

メタリのメスたちが蛹室作ってたんですよね。
で、前蛹になってたっぽいんですよね。
そのまま黒くなってました…。

また失敗か!といわれそうだ(震)
ただ、今回はホントに理由が分からない。

1、廃菌床と廃マットのブレンドがメイン
2、ボトルに入れてから3か月近く経つしオス幼虫は全部元気だからガスやら再発酵やらも除外
3、前蛹でことごとく黒に(掘ったらみんなこの状態だったので間違いなし)
4、クーラー管理なので温度も〇

ざっとですが並べてみました。
環境だけなら問題なさそうだけど…。

それでも1メスと1極小オスはしっかり蛹化してました。とりあえず一安心。
オス幼虫がどうなるかで判断しようかね。

メタリ採卵2回目

5月の上旬の話になりますが、メタリの採卵を行っていました。
1回目の4月上旬のあと直に投入したので、採卵というよりは幼虫探し、でしょうか。

またしても同じケースでやったので、左右のマットが混ざらないようにするのに一苦労(笑)
DSC_0171.jpg
写真は3月のセット直後のものです。
ただ、全く同じなので流用(笑)

ちなみにもう一度セット内容を書くと
・中ケース
・Fマッ〇
・やや固詰め
・水分大目?
でした。

結果は、
メスA(24mm持ち腹)

DSC_0347[1]
3頭。
持ち腹で前回はボウズだと思うといいんだか悪いんだか。
メスは元気でした(符節は3本取れてましたが…)

次にメスB(26mm持ち腹)

DSC_0349[1]
2頭。
前回14頭なので上々といえば上々。欲を言うと2頭ともメスであれば1か月のラグができるので嬉しいがどうなることやら。
そもそも次世代とかなんも考えてないなぁ。
大量のメタリでミニテラリウムでも、くらいは考えてるんですが(笑)
ちなみに写真の真ん中に写ってる通りメスは★でした。16頭ありがとう!

とりあえず今は1回目のも含め、全部個別管理しているのですが、とりあえず今日はこれくらいで次回以降にでも。

やっぱ写真撮るのが大変。中々上手くならないし…。
そうなると更新から遠ざかる一因になるという悪循環(笑)
よし、少しペースあげてみるか?

あがっても一時的なんだろうなぁ(汗)

ダニ?がー!

前回採卵したメタリの卵。
幼虫を入れたマットに卵も転がしておいたらダニのような小さい虫が集ってた。
うねうね動いて気持ち悪い~。

卵は避難させたけどもしかしたらダメかも。

気持ち悪いので写真は撮ってません、もちろん(笑)
プロフィール

まつり(祭)

Author:まつり(祭)
飼育歴約9年。でも万年素人(自称)です。たとえ1年更新がなくても続いてます(笑)。
備忘録として役立ててます。
引退するときは削除予定。

また、失敗を優先的に載せています。

それから、パプキン、タラなどの光物が大好きです。
気軽にコメント下さい、というかぜひコメント下さい(笑)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる